FC2ブログ
あすなろ通信~春夏秋冬~
デイサービスあすなろは東京都日野市・多摩市・八王子市が送迎範囲の通所介護施設です。                                             利用者様の何気ない笑顔、何気ない言葉をお届けできればと思います。 

Welcome!

デイサービスあすなろ

Author:デイサービスあすなろ
〒191-0033
東京都日野市百草1042-21
042-599-1446
day-asunaro@asunaro-mogusa.jp

デイサービスあすなろは日野市百草にあります。
炭酸泉・足湯があり、120インチのカラオケモニターも完備。
日野市、多摩市、八王子市が送迎範囲です。
ご質問などがありましたら、お気軽に下記フォームからお問い合わせください。

ブログへの写真掲載に関して、利用者様に肖像権使用の承諾書をいただいております。
 
★デイサービスのスタッフです。★
日々のできごと・今後の予定・スタッフのつぶやき・・・など
時間の許す限り更新していきたいと思います。
温かい雰囲気が伝われば幸いです。



質問はこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:



カレンダー

<08 | 2013/09 | 10>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



関連サイト



カテゴリ



最新記事



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



なんの日?



閲覧者数



記憶力検定



9月のフォトグラフ

画像 1038

手工芸での制作風景です。



画像 1072

話は尽きないようです^^

実はこの写真
私は結構好きなのでして^^

肘掛け越しに
お話する姿が
何とも良いのでして^^

話はまだまだ尽きないようです^^





こちらは好きなゲームを
楽しんで頂くレクリエーション
自遊自感。

花札を楽しんでます。
いやぁ
それにしても
真剣なお顔で^^

果たして
引き寄せた札は!

画像 1021

「どこの誰かは・・・♪」

唄い始めると
みなさん後から

「知らないけれど誰もがみんな知っている~♪」

月光仮面の放送は
昭和33年頃。

おそらく皆様の
お子さんたちが
ご覧になっていた
のではないでしょうか^^

お話の詳しい内容は
知らなくても
この歌だけは
いつまでも残っているのですね^^

風呂敷をマント代りに
押し入れから
飛び降りていた話を
たまにさせて頂くと
頷く利用者様が
多いこと多いこと^^

みんなやってたんですね^^

さて
ホワイトボード
に描かれたのは
職員が描いた
月光仮面。

似ているような
ちょっと違うような^^

まぁこんな感じで良いのです。
誰もがみんな知っているのですから^^


明日からいよいよ10月。
職員一同
全力投球で
皆様に楽しんで頂けるよう
頑張ります!



10月の予定表



10月の予定表が出来上がりました。
いよいよ秋本番となりますね。
あすなろも
この季節ならではの
企画を予定しております。

クッキングはこの季節に
ピッタリの具沢山のすいとん
おやつ作りは
甘さいろいろ
ホットケーキ作り

そしてあすなろ恒例の
秋の大運動会は
皆様に楽しんで頂きながら
身体を動かせる競技を
只今考案中です。


また、朗読会では
本を通じて
皆様の想い
思い出など
お聞きしながら
素敵な行間の旅が
できればと思います。

食欲の秋
スポーツの秋
読書の秋

10月も引き続き
こちらで
少しでも多く
皆様の元気な笑顔を
お伝えできればと思います^^


手工芸~光と風の中で~

                秋・
画像 1055

9月の手工芸は
ご覧のような
色紙にちぎり絵で
彩る秋模様。

二枚の色紙は
二色に染まっています。

一枚は青
どこまでも
どこまでも
澄み渡る真っ青な
秋の空に
ふと吹いた
風に
舞い落ちる
木の葉たち

もう一枚は薄紅色。
ゆっくりと
ゆっくりと
茜色に染まりゆく
秋の夕日の
光の中で
静かに揺れ落ちていく
木の葉たち

そんな思いを込めて
今回の手工芸担当職員が
一枚一枚
白い色紙に色付けを
施しました^^

この日
あすなろは
一足先に
風と光を
感じながら
紅葉狩りを
楽しみました^^

それでは
唱歌「もみじ」の歌とともに
皆様の作品を
ご紹介していきましょう。

画像 1053

秋の夕日に 照る山紅葉


画像 1050

濃いも薄いも 

画像 1043

数ある中に

画像 1047

秋をいろどる

画像 1042


楓や蔦は

画像 1049

山のふもとの

画像 1044


裾模様


さてここで
問題です。
歌詞の中に1か所だけ
間違いがあります。
お分かりでしょうか^^

答えは・・・



をいろどるではなく  をいろどるでした^^



歌謡ショー

画像 1016

この日恒例の
歌謡ショーが開催されました。
先ずは
「赤とんぼ」など
皆様よくご存知の
秋の歌を中心に
始まりました。

画像 1019

この日は
リクエストも多く
数曲打ち合わせもなく
その場で
先生にお願いすると
どの曲も見事に
歌ってくださりました。

その中の1曲
「高校三年生」

この日の
利用者様の中に
舟木一男が
お好きな方が。

メロディが流れてくると
手で調子を取りながら
元気よく歌われていました^^

お二人の先生のように
その日その時
その場での
皆様の思いを
形にしていくことが
できればと感じました。

本日も素晴らしい歌声を
本当に有難うございました^^

画像 1020

最後はいつものように
きよしのズンドコ節。
曲の最後は
あすなろお決まりの
そうです!
元気よく
イェーイ!

自遊自感~こんな遊びもあるのでして~

画像 1032

さて、何をしているのでしょうか?

画像 1031

手の持っているのは
何やらゲームの
コントローラーのようです^^
何でしょうか^^


画像 1029


実は
あすなろ自慢の
120インチの大型スクリーンで
行う
ボーリングゲーム。
これが結構
迫力あるのでして^^

画像 1030

こちらの利用者様は
勘が良いというか
運動神経が良いというか
何度か投げているうちに
ついに出ました!
ストライク!
脇にいる職員も
びっくりの瞬間でした^^

画像 1028

スクリーンには
職員の分身が
皆様の代わりに
投げます。

因みに
これは私の顔。
真ん丸で
どっちが
ボールだかわからない顔だなぁ^^



テレビゲームを
大型スクリーンで
楽しむのも良いですが
昔ながらの
紙相撲も味があります^^

押して押して
押しの一手で
上手くいくときもあれば
押しすぎて空回って
だめになる時もある

かと言って
引いてばかりでは
勝負にならない

あぁもうだめだぁと
思いながらも
堪えていると
ひょんなことで
好機到来!

かと思えば
肩すかしに
足もすくわれ
勇み足で
おっとと!

でもどうでしょう
最後はやはり
直向きに
誠実に
取り組んだ方が
勝つのかも^^

何となく恋愛にも
似てますね^^

さて
今まさに
横綱の緑山が
小結の橙錦を
押し出そうとしています!

果たしてその結末は!
どすこい!

*マウスのポインタをそっと写真に乗せると
 勝負の行方が^^




敬老会其の二



こちらは
竜宮城での宴の場面。

専属の海中大道芸人モリ―が
華麗にディアボロ
(ジャグリングの一種・中国独楽とも)を披露。
浦島太郎もなぜか
ジャグリングが好きなようです^^

今まさに浦島太郎から
海中大道芸人のモリ―へ
独楽が投げ渡される瞬間です!

この独楽
本当にうまく回らないのです。
簡単そうに見えても
本当にうまく回らないのでして。

だから だから
練習してました。

それはそれは
一生懸命
練習してたんですよ^^

*マウスをそっと写真に乗せると写真が変わります^^


画像 1012

竜宮城ダンサーズ
二日目は
他部署の職員が
飛び入り参加^^

敬老会の
この熱気に
たぶん
血が騒いだのかと^^

素敵な踊りを
ありがとうございました^^

画像 1003

こちらは今年の敬老会
第二幕の出し物
「マユ&マサの腹話術」
(腹芸じゃないですよ^^)

二日目の一場面です。
この腹話術
初日は大筋台本に
沿って
進められました。

初日は緊張からか
ちょっと硬かったかなぁと
思いましたが
二日目は飛び出る飛び出る
アドリブの連続で
人形も
頭フル回転状態で
帽子の中は汗びっしょりでした^^

華麗な金髪の腹話術師の
ポンポン飛び出る
アドリブにより
あちゃこちゃで
笑いの渦が^^

画像 1013

利用者様は
ご覧のように^^
この笑顔が
また私たちの
力になるのでして^^


画像 1007

オードリー・ヘップバーンの
「ローマの休日」

「真実の口」に
グレゴリーペックが
手を入れると
喰われてしまうシーン。
憶えてる方も多いかと思います。

でも
実はこのシーン
アドリブだったとことは
あまり知られてないようで^^

当時まだまだ無名だった
ヘップバーン。
台本は真っ黒になるほどの
書き込み。
演技は緊張の連続・・・

監督と共演の
グレゴリー・ペックが
そんなヘップバーンの
緊張をほぐそうと
このアドリブを
取り入れたそうです^^

それにしても
グレゴリー・ペックの
袖から手が出てきた時の
ヘップバーンの安堵の表情は
なんとも愛らしかったなぁ^^

053.jpg

こちらは
腹話術師を演じた
アクトレスの台本の一部。

夜遅くまで
何度も何度も
繰り返された
打ち合わせ。

「あっ!それ入れよう!」
「ここ、こうしたら面白い!」
「ではもう1回」

練習しているうちに
こんな感じで
書き込まれた台本。

台本の”台”は
土台の台では
ないでしょうか。

アクトレスの
華麗なアドリブを
支えた
書き込みだらけの
土台となる
台本。

この日
緊張から
解き放たれた
アクトレス。

台本に
書き込まれた
あの
言葉たちは
さなぎから
華麗な蝶と姿を変え
飛び立ちました。

更なる笑顔の花を求めて^^



敬老会其の一

画像 989

今年の敬老会の出し物
第一弾は
「浦島太郎」

写真の場面は
浦島太郎が
助けた亀に連れられて
竜宮城で乙姫に出会うシーンです。



画像 966

さて
乙姫様が用意してくれた
宴の始まりは
竜宮城ダンサーズによる
それはそれは
エネルギシュな踊り!

なんと
ダンサーズに誘われ
浦島太郎も踊りだしました^^

画像 983

2日目はなんと利用者様も
ダンス!ダンス!ダンス!


画像 967

そしていよいよ
フィニシュ!
素晴らしいダンス
お見事でした^^

そしてもう一人
この
華やかな踊りを
支えた音楽は
写真でもお分かりの
男性職員の
機械操作で成り立ちました。

本当に本当に
お疲れ様でした^^


画像 987

あすなろの

画像 985

浦島太郎は

画像 974

大笑いの連続なのでして^^




さあいよいよクライマックスです。
乙姫から玉手箱を受け取った浦島太郎。
決して開けてはなりませぬ!と
言われても・・・

玉手箱を開けると
なんと浦島太郎は
一瞬にして・・・??

マウスのポインタを写真にそっと乗せると写真が変わります^^


画像 963


母さんが夜なべをして
手袋編んでくれた

  「かあさんの歌」より

メロディーが
なんとなく
悲しげなのですが
せっせと編んでいる時の
お母さんは
手袋を受け取った時の
子どもの笑顔を
思い浮かべながら
わりとワクワクした
思いでたぶん
編んでいたのかと
私は思うのですが^^

さて
実は浦島太郎の
カメの甲羅をどうしたものかと
思案してると
女性職員が
デイバッグと
段ボールを利用して
作ってきてくれました。

因みに
一緒に写っているのは
太郎の腰みの。
これもお手製です。
どちらも感嘆の一言で
きっと大変だったのだろうな
と思ったのですが

「作っているうちに
楽しくなっちゃって^^」

とのこと。


”楽しくなっちゃって”は
最高の原動力。

その想いの向こう側には
皆様の笑顔があります。

その想いはたぶん
かあさんの歌の歌詞の中の
お母さんと一緒なのではと
私には思えるのでして^^


ささやかではありますが
私たちのお・も・て・な・し
の舞台裏の
う・ら・ば・な・し
をちょっとだけ^^
(合掌)

初日の記念撮影
画像 980

2日目の記念撮影
画像 1011



皆様のご長寿を心よりお慶び申し上げます。
皆様揃ってハイ、チーズ^^



日本の秋、食欲の秋ですから

画像 944

ジャムセッションの
コンサートを
以前一度聴いたことがあります。

本格的な打ち合わせもなく
即興的にジャズの名曲を
アレンジして
弾きはじめたのですが
個性と個性の相乗効果で
それはそれは
見事な演奏でした。

あすなろクッキングも
いろいろな地方のご出身の
いろいろな年代の方の
女性の利用者様
男性の利用者様が
時に饒舌に
時に黙々と
調理に参加されてます。

それぞれの持ち場は
当日決まる
まさにクッキングの
ジャムセッション。

この日のメニューは
栗ごはんと筑前煮。
皆様の見事な
セッションにより
とても素晴らしいものに^^

それはそれは
とてもとても
美味しかったので
思わずごはんの
アンコール(おかわり)^^

画像 950

そしてこちらが出来上がり。
美味しそうでしょう^^
美味しいのです^^

画像 952

あちらこちらから
聞こえてくる
”おいしい”の言葉

職員はそんな
ご褒美の言葉を
スパイスにして
ますます食欲が沸くのでして^^

画像 957

さて、こちらはおやつ作りです。
今月は
秋にぴったりの
スィートポテト。

あすなろでは
定番の人気メニューです。
何故定番になったかと
申しますと
美味しいからです^^

画像 961

そしてこちらが出来上がり。
美味しそうでしょ^^
美味しいのです^^
こればっかり^^
画像 959

「このくらいがちょうど良いですか」
「そうねぇ」
「二つは食べれないですもんね^^」
「いや、食べれます^^」
「・・・^^」
こんなやりとりで
思わず笑ってしまったところを
パチッ^^

男の流儀

画像 881


子供の頃
空き地で野球をよくやってました。

ある夏の日
いつものように野球を
やっているときのこと。

近所に引っ越してきて
間もない
同い歳の男の子が
近寄ってくるでもなく
かと言って
家に帰るわけでもなく
塀にボールを当てては
チラッ、チラッと
こちらを見てました。

こっちも
野球に集中しながらも
何だかとっても気になって
チラッ、チラッと見てました。

そして
どうしても
どうしても
気になったので
思い切って
一言。

「あのさ、やる?」

その子も特に笑わないけど
その瞳は
明らかにやった!という感じで

「うん。」


夕方になり
お腹も空いて
帰る頃には
なんだか
その子とは
ずっと前から
遊んでいたかのように^^

この日、ご覧のような
囲碁や将棋をされている
利用者様を見ていて、ふと
そんな子供の頃の
情景が浮かんできました。

あらたまって
自己紹介しなくとも
世間話などしなくても
そこに
将棋の駒や
囲碁の石があれば
特に多くの言葉は
必要ないのかもしれません。
そう、それは
遠い夏の日のあの時の
野球のボールのように^^